道の活動 

 
道の活動
(2000年05月14日)

 
◆本日の活動目的
福岡県道86号線の異色ヘキサの撮影。
久留米市鑓水(久留米市高良内町)の福岡県道86号線のヘキサに「県道」や「福岡」という文字の無い番号だけのヘキサがあるということで、撮影に行ってまいりました。

※画像をクリックすると拡大画像[640×480]が表示されます。


 
▼場所
国道MLで鶴久さんが実家の近所で目撃されたという情報を元に取材に行ってきました。結果として、上記地図中に追記した赤丸の番号[1]と[2]の地点にのみヘキサが存在し、その両方が今回報告のあった異色のヘキサであることが判りました。
なお、筑後地区の県道には青看や外バーだけで実際の路線にはヘキサが全く設置されていないという県道路線が多く存在しています。福岡県道86号線についても例外では無く、比較対照用に正規ヘキサを撮影しようとしたものの、この2個所以外にヘキサが立てられているところはありませんでした。
また、このヘキサは最近設置されたもののようです。新しい標識であるということを念の為に申し添えます。

 
▼聾学校前交差点 [1]
久留米市鑓水(久留米市高良内町)のヘキサです。交差点の横は自衛隊の敷地となっています。

ここが今回報告の受けた場所であり、最初取材を行なった地点です。

このヘキサには「県道」や「福岡」という表示がされておらず、県道番号もその分大き目に表記されております。かなり違和感があります。


 
▼国立久留米病院横 [2]
平常なヘキサを比較対照用に撮影しようと、南下しようとしたところ、国立久留米病院横の県道が曲がった先に[1]と同様のヘキサがありました。

ここより、国道3号線までの交点の区間は非常に道の狭い離合困難区間が続きます。
 


 
▼R3×福岡r86交点の外バー
国道3号線との交点附近の外バーです。
一旦、国道3号線と重複するものの、数メートルで横切り、単独区間になります。
しかし、交点にはヘキサ無し。

 
▼R209×福岡r86交点の外バー
国道209号線との交点附近の外バーです。
ここでも、一旦国道209号線と重複するものの、直ぐ先の交差点で単独区間となります。
これらの交点附近にもヘキサは無し。

 
▼結果として正常ヘキサは確認できず
久留米市内から福岡県道86号線を走ったものの、結果として正常表記されたヘキサは確認出来ませんでした。この他に走った県道も、ヘキサ自体が設置されている路線が殆ど無く、外バーなどの補助標識や青看で確認するような状況となっています。

 
戻る